鍼(はり)

鍼には大きく分けて、“刺入する鍼”と“刺入しない鍼”があります。

 

■ 刺入する鍼
鍼の直径は0.12〜0.20mmで、髪の毛と同じくらいの細さです。
痛みもほとんどありません。
また、滅菌処理された使い捨ての鍼を使用しておりますので、ご安心ください。

 

■ 刺入しない鍼
ツボに当てたり、皮膚を擦過したり、皮膚の上でローラーを転がして刺激していくタイプの鍼です。
痛みはまったくありませんので、小さなお子様にも受けていただけます。

灸(きゅう)

当院では、あとが残りにくい方法でお灸の施術を行っています。

 

■ 透熱灸
良質のもぐさを手でひねって、小さく切り分けます。
米粒より小さくひねりますので、皮膚の上で直接燃やしても、熱さは一瞬です。
八分目で火を消して、暖かい刺激を与える方法もあります。

 

■ 温灸
紙筒や陶器の上に乗ったもぐさに火をつけて使うお灸です。
周囲にジワーッと広がるような熱感があります。

 

※ 灸点紙
お灸の熱さが苦手な方には、熱を緩和するシール(灸点紙)を用意しています。
皮膚に貼って、その上にお灸を行うことで、熱さを緩和できます。

特殊鍼法

■ 低周波鍼通電療法
刺した2本の鍼を電極でつなぎ、低周波通電を行ないます。
筋肉の痛みや神経痛にも効果があります。

 

■ 灸頭鍼
刺した鍼の鍼柄(持ち手の部分)に、もぐさをのせて燃やします。
鍼と灸のダブル効果が期待でき、特に冷え性に効果的です。

 

■ 刺絡療法
三稜鍼という特殊な鍼を使ってツボや皮膚を刺激し、周囲から圧迫したりカッピングをかけたりします。
血流の滞りを改善するのに効果があります。

 

ページの先頭へ戻る