鍼灸(しんきゅう)とは

桑名市にある桑名整骨院・桑名鍼灸院の鍼灸治療

鍼灸とは、鍼(はり)と灸(きゅう)を使ってからだを刺激し、人体に備わっている自然治癒力を高める施術です。痛みの緩和のほか、自律神経の調節などにも効果が期待できます。

 

日本では「医師」の他に鍼の施術を行うことができるのは国家資格の「はり師」のみ、灸の施術を行うことができるのは国家資格の「きゅう師」のみです。


鍼灸の歴史

古代中国を起源とする鍼灸は、5世紀ごろには日本に伝わってきていたといわれています。大宝律令(701年)には医療を司る官職として医博士、按摩博士とともに「鍼博士」が規定されており、この頃にはすでに技術面だけでなく医療制度としての鍼灸が確立していたことがわかります。
その後も日本の風土に合わせた形で、独自の発展を遂げ、江戸時代には伊勢国の杉山和一によって管鍼法が発明されました。
明治になると、政府による西洋医学重点主義の影響で、鍼灸の評価は低くなりました。また、終戦後にはGHQによる民主化施策によって鍼灸は禁止されそうになりましたが、三重大学医学部長の石川日出鶴丸の尽力によって鍼灸は存続を認められることになり、現在に至っています。

世界から高い評価を受けている鍼灸

現在、海外において鍼灸は高い評価を受けています。鍼灸施術が保険診療の対象となっている国もありますし、医療施設の中に鍼灸施術を受けることができる施設が併設されるなど、西洋医学では治りにくい分野での施術効果に注目されています。

鍼灸の魅力

鍼灸は人間のからだに備わっている自然治癒力を高めることで症状を緩和させていく施術です。
強制的に症状を押さえ込む治療と違い、からだに優しい治療法です。

 

このようなお悩みをお持ちのかたにオススメです。
・さまざまな治療をうけてもよくならなかったかた
・薬を飲んでもなかなか症状が改善されないかた
・ストレスが多いかた
・薬に頼る生活をやめたいかた
・病気にならないからだをつくりたいかた

 

当院には女性鍼灸師もいますので、女性の方でも安心して施術を受けていただけます。
⇒ スタッフ紹介はこちら

ページの先頭へ戻る