交通事故治療の治療期間

 

当院では、交通事故が原因のさまざまな症状でお悩みのかたや、治療を受けているが思ったように治らなくて困っているかたのご相談に応じております。

 

交通事故では、日常の怪我では傷めないような部分もダメージを受けることが多く、放置すると痛みや機能障害、二次的障害(慢性の腰痛症など)へと発展することもあります。

 

そうならないためにも、早い時期から症状の完治に向けた治療をされることをおすすめします。

 

交通事故における代表的な症状にむちうち(頚椎捻挫)があります。この症状における代表的な治療法としては電気療法・牽引療法・頚椎カラ―・薬物療法(湿布・内服薬)などがありますが、むちうちの治療はこれだけでは物足りません。

 

当院では、手技療法と理学療法、鍼灸療法を組み合わせ、交通事故によって崩れてしまったからだのバランスを整え、動きづらくなってしまった関節の動きを取り戻すことで早期の回復を目指していきます。

 

 

ページの先頭へ戻る